黄昏の審判:無の軌跡
QuestName ♯31 別の道 Boss
Exp 0 Money 0 Stamina 0 Question 1
Story 少年には何もなかった。周りが羨ましかった。だが、少年は旅を続け、自分の存在の理由に気がついた。そして、そんな少年と友達になってくれた五人がいた。友達ってヤツも、悪いもんじゃないな。だから少年は、一人、別の道を進んで行くのだった。
QuestName ♯32 極東国 Boss
Exp 0 Money 0 Stamina 0 Question 1
Story 仲間達と旅する極東国。出会い、別れ、目指すべき終着点。この旅が終われば、自分の役目は終わる、少年はそう思っていた。やっと、無に帰れるんだ。だが、少年は少し寂しかった。何も持たなかったはずの少年に、大切な友達が出来てしまったから。
QuestName ♯33 無心 Boss
Exp 0 Money 0 Stamina 0 Question 1
Story 悲劇を塗り潰す力に辿り着こうとした矢先の突然の襲来により消えゆく仲間達。無くした心、流れない涙。残ったのは無神と少年の二人。そして、消えたはずのもう一人の存在。安心しろ、我は姿無くとも傍にいる。それは、存在しえない証明だった。
QuestName ♯34 黄昏の無 Boss
Exp 0 Money 0 Stamina 0 Question 1
Story 少年の旅は終わり、無事に辿り着くことの出来た聖なる入口。だが、揃ったのは四人だけだった。きっとアイツらも、自分の戦いをしているんだ。その場の敵に、開かれた扉の神へと意識を集中する少年。例え、全てを、無に帰すことが出来なくても。
QuestName ♯35 五人の為に Boss
Exp 0 Money 0 Stamina 0 Question 1
Story 新生世界評議会最高幹部の席に就いた少年は全てを知っていた。あの時あの場所で、何が起きたのか。だが、少年は何も語らなかった。今のうちに、どうかあの二人を。それは現れなかった二人。あの三人なら、きっと。それは咎人の三人のことだった。
♯31 別の道 - BOSS Status & Atk Pattern
ギンジ
HP 100 ATK 10 DEF 1 Next 3
♯32 極東国 - BOSS Status & Atk Pattern
斧士ギンジ
HP 100 ATK 10 DEF 1 Next 3
♯33 無心 - BOSS Status & Atk Pattern
無斧士ギンジ
HP 100 ATK 10 DEF 1 Next 3
♯34 黄昏の無 - BOSS Status & Atk Pattern
絶無斧士ギンジ
HP 100 ATK 10 DEF 1 Next 3
♯35 五人の為に - BOSS Status & Atk Pattern
無英斧士ギンジ
HP 100 ATK 10 DEF 1 Next 3