藍玉塔アクアマリン
QuestName 小さな遠吠え Boss
Exp 182 Money 700 Stamina 7 Question 3
Story 藍色に輝くアクアマリンが散りばめられた藍玉塔から聞こえる小さな遠吠え。それは塔の上に昇る月を追いかけた氷の狼の鳴き声。遠く離れた故郷、魔界<ヘリスティア>に想いを馳せた狼は、行き場のないその想いを侵入者への牙へと変える。
QuestName 清らかな乙女 Boss
Exp 225 Money 700 Stamina 7 Question 3
Story 長く綺麗な水色の髪、それは清らかな乙女の証拠。天界<セレスティア>へと戻る途中、立ち寄った藍玉塔で、警戒レベル2を告げる警報に気を動転させた乙女はいつもながらの勘違い。慌てふためき、呼び起こされる水の力は敵となり襲いかかる。
QuestName 重なる遠吠え Boss
Exp 426 Money 760 Stamina 7 Question 3
Story 藍玉塔の第三階層、上がり続ける警戒レベル、解き放たれた獣達。響き渡る警報と、重なる遠吠え。止まらない音で埋め尽くされたフロアの気温は下がり続けた。3匹の氷の狼があげた遠吠えは冷気となり、凍てつく刃と化した牙を光らせていた。
QuestName 圧倒的潜水力 Boss
Exp 262 Money 800 Stamina 7 Question 3
Story 地上より遥か高くにそびえた塔のとあるフロア、そこには広がる海があった。空中の海に飼われていたのは大型の自立型ドライバ。何者かに運び込まれたその機体は、人間を守る為の機体。だけど今、人間を守る為の対人実験が行われようとしていた。
QuestName 最上階の水竜 Boss
Exp 243 Money 760 Stamina 7 Question 3
Story 階層を繋ぐエレベーターのランプは【P】を灯した。長い戦いの果てに辿り着いた最上階、閉じた扉をこじ開けたのは荒れ狂う大津波。姿を見せた最上階の水竜は、優雅に空を泳いでいた。まるでそこが、どこまでも広がる大海原であるかのように。
小さな遠吠え - BOSS Status & Atk Pattern
ハティ
HP 21645 ATK 1024 DEF 130 Next 3
清らかな乙女 - BOSS Status & Atk Pattern
マーメイド
HP 18835 ATK 795 DEF 36 Next 3
重なる遠吠え - BOSS Status & Atk Pattern
ハティ
HP 18816 ATK 524 DEF 33 Next 2
圧倒的潜水力 - BOSS Status & Atk Pattern
リヴァイアサン
HP 21645 ATK 1589 DEF 98 Next 3
最上階の水竜 - BOSS Status & Atk Pattern
フロッティ:プロト
HP 35641 ATK 1613 DEF 68 Next 3